スマートフォン表示に切り替える

株式会社ファーマシィ RECRUIT SITE 2020株式会社ファーマシィ RECRUIT SITE 2020

  • 薬学生のためのリンク集
  • 採用に関するお問合わせ
  • ENTRY
-

先輩の話を聞こう

先輩の話を聞こう

HOME > 先輩の話を聞こう > 出産・育児も安心

出産・育児も安心

出産・育児も安心

産前産後休暇・育児休業の取得しやすさが、社内の働きやすさの証です。

ライフサイクルにおいて、結婚、そして出産と子育ては、重要なターニングポイント。色々な選択肢がある中、「薬剤師として働き続けたい」という意欲を持つ人を支えるために、ファーマシィでは、産前産後休暇・育児休業を取得する方を応援しています。ここでは、実際に取得した人の生の声をお伝えします。

井藤 智子さん×谷川 梨沙さん×雲地 早紀さん

井藤 智子さん×谷川 梨沙さん×雲地 早紀さん

雲地

question01

産休・育休はどれくらい取れるんですか?

井藤

産休は産前6週間、産後8週間の休暇が、育休は子どもが1歳になるまで。
育休は、保育所に入所を希望してても、入所できなかった場合には延長できるよ。

谷川

question02

家庭と仕事の両立で大変なことは何ですか?

井藤

どうしても休まなければいけないときがあるので、薬局スタッフに勤務シフトを替わってもらったり、休みを取らせてもらったりすることがある。上司も応援してくれるし、何より周りの理解があるので助かっているよ。
スタッフのみんなにはとても感謝しています!

雲地

question03

正社員で復帰されていますが、どんな働き方があるんですか?

井藤

短時間勤務の制度を利用しています。子どもが3歳になるまでは、1日の勤務時間を6時間まで短縮することができるよ。パート勤務になるわけではなく、正社員だからボーナスの支給対象であることは変わらないしね。

谷川

question04

産休中・育休中の手当てはどうなっているんですか?

井藤

産休中は、健康保険から出産手当金が出るし、育休中は、雇用保険から育児休業給付金が支給されるよ。

対談風景

雲地

question05

復帰の際に心配になったことは何ですか?

井藤

休みに入る前に心配だったのは、やっぱり薬剤師としての知識・勉強のことかな。実際は休んでいる間も会社が提供してくれるインターネット研修(e-ラーニング)をしていたよ。子どもを抱っこしながらでもできるし、少しの時間でちょっとずつっていうのもできるから。薬局や会社である勉強会の参加も可能だよ。子どもを主人に任せられるときは参加していたし。会社にも、そして主人にも感謝だね(笑)。このわずかな自己研鑽の積み重ねが、復帰後の自信にもつながったよ。

谷川

question06

子どもが突然熱を出して休まないといけなくなった時はどうするんですか?

井藤

保育園から薬局へ直接電話がかかってくることもあって・・・。そんなときでも、周りのスタッフから「子どもさんを迎えに行ってあげて!」って声をかけてもらえる。そんな環境が本当に嬉しいよ。自分が休むことで仕事に影響が出てしまうっていうのは、心苦しく思ってる。だからその分、普段どれだけがんばるかが大切だと思う。それに、ブロック単位での応援体制がしっかりしているから大丈夫だよ。

雲地

question07

1日のスケジュールを教えてください。

井藤

その日の勤務シフトにより出勤時間は異なるけど、だいたい朝は洗濯と子どもの支度、保育所への送りをして出勤。通勤時間の約20分で頭を仕事モードに切り替えて出社しているよ。薬局では、一薬剤師としての患者応対や薬局長としての業務など、時間を無駄にしないよう勤務!帰宅時間もシフトにより異なるけど、家族と一緒に食事をして家族だんらんを楽しんでいるよ。食後、子どもの宿題などチェックしてお風呂、就寝。月に何度かブロック会議や勉強会で夜遅くなることがあるけど、それ以外は子どもと一緒に布団に入るようにしてがんばっているよ。

対談風景

谷川

question08

出産・育児の経験が薬剤師にプラスになったことはありますか?

井藤

独身の時よりも、小さいお子さんを持つお母さんに自信をもって話しができるようになったよ。実際自分が経験して実感できたけど、育児は予定どおりにいかないことばかり。薬のことだけでなく、子どものいろいろなことについても相談にのれる薬剤師でいたいと思っているよ。

雲地

question09

これから結婚・出産を控えている女性に向けて一言お願いします。

井藤

結婚したて・出産したての環境で仕事との両立は不安があると思うけど、これも「案ずるより産むが易し」でやってみよう。人として勉強になることがいっぱいあるように思う。家族や職場スタッフに本当に感謝できるよ。いろんな勉強をして、一緒に薬剤師として成長していきましょう!

PREV先輩の話を聞こうTOPNEXT