スマートフォン表示に切り替える

ファーマシィ薬局

RECRUIT SITE
-

先輩の話を聞こう

先輩の話を聞こう

HOME > 先輩の話を聞こう > 薬局はチームワーク

薬局はチームワーク

薬局はチームワーク

患者さんの健康のすべてに携わる、「かかりつけ薬局」であるために。
職種の壁を越え、全員で一丸となって取り組んでいます。

ファーマシィの薬局には、薬剤師に加えて、事務を担当するMP(メディカルパートナー)が在籍しています。かかりつけ薬局として従来以上の役割が患者さんから求められる中、積極的に新しい領域にチャレンジしたり、資格を活かして活躍する人がファーマシィにはたくさんいます。その話を伺ってみました。

杉井 美穂さん×佐藤 景子さん×谷田 恭洋さん

杉井 美穂さん×佐藤 景子さん×谷田 恭洋さん

司会

theme01

皆さんの薬局での活動は?

谷田

私の薬局は医療モールに隣接しています。内科・整形外科・眼科があり、医院の処方を中心に応需しています。合わせて、近隣の医療機関からの処方せんも多く応需しています。私は外来業務だけではなく、在宅業務も行っており、患者さんの自宅でお薬の管理を行っています。

私の薬局は総合病院の前にあります。在宅支援薬局でもあり、無菌調剤室を併設して終末期の在宅医療にも力を入れています。応需先の小児科にアレルギーの専門外来があるため、アレルギー食品も多く取り扱っています。私自身も管理栄養士として栄養相談を行っています。

佐藤
杉井

私の薬局も地域の基幹病院の前にあります。通常の外来業務と共に在宅業務を行っています。私はメディカルパートナー(またはMP:社内での医療事務の呼称)として受付や、薬剤師に同行しての在宅業務のサポートを行っています。

対談風景

司会

theme02

皆さんの薬局すべてで在宅に取り組まれておりますが、
何か特徴的な取り組みについて教えていただければと思います。

谷田

在宅業務で担当している患者さんは個人住宅の方が圧倒的に多いですが、いろいろな患者さんがいらっしゃいます。脳梗塞などで下半身麻痺の患者さん、看取り医療で予後をどう過ごすかという患者さん。
看取り医療は急変などもあり大変ですが、患者さんがご自宅で残された時間をどのように過ごすか、どうしたら生活の質が上がるかなど考えさせられることも多いです。

司会

theme03

QOLを上げるためのお手伝いをされているということですか?

谷田

そうですね。実際にできることは少ないですが。
たとえば食事を楽しみにされている方は多いと思います。食事が困難な患者さんでも、何とか食べることが出来ないか。おいしく食事できないかなど。今、興味もあり悩んでいるところです。

司会

theme04

佐藤さんはメディカルパートナーでもあり、管理栄養士の資格も持っていますよね。管理栄養士の仕事は、どういった業務をされているのですか?

管理栄養士として、患者さんから食事についての質問があればお受けしますし、他の薬局でも同様に予約制で相談をお受けしています。また、薬局で行う栄養相談会や健康フェアでは、実際に減塩食などの料理教室を行ってレシピや減塩のコツを紹介しています。
話しを聞くだけでなく、実際に味覚や視覚で感じてもらうことが大切ですし、実感できるため皆さんにも好評です。

佐藤

司会

theme05

杉井さんもメディカルパートナーですよね。
薬局ではどんな取り組みを行っていますか?

杉井

私の薬局では出前講習会を行っています。町内に約100か所ある公民館をまわって、薬の飲み方や病気に関する知識、健康情報、薬局でできる服用支援に関して紹介しています。私もその会に薬剤師のアシスタントとして参加しています。
また、薬局に体組成計を置いていますので、筋肉量とか体脂肪率など測定できます。待ち時間を利用して測定してもらい、薬をお渡しする時に薬剤師がデータを基に健康アドバイスを行っています。定期的に測定してもらい、体重の増減も含めて記録に残しています。

司会

theme06

測定記録を残されているのですね。

杉井

患者さんから了承をいただいて記録を残しています。患者さんごとのファイルがあり、以前のデータと比べての変化を確認しています。

司会

theme07

定期的に測定される患者さんは多いのですか?

杉井

多いですね。待ち時間の長い患者さんのコミュニケーションツールにもなりますし。
合わせて肺年齢のチェックができるハイチェッカーも置いておりますので、COPD(慢性閉塞性肺疾患)のチェックを兼ねての測定を行っていただくように、声かけを行っています。

対談風景

司会

theme08

ファーマシィでは、薬剤師は薬剤師、メディカルパートナーは メディカルパートナーということではなく、共に連携されていますね。

谷田

私の薬局では月2回、佐藤さんにお願いして管理栄養士による糖尿病や腎疾患の栄養相談を行っています。
薬剤師として薬剤の効果や副作用のチェックと共に、服用の大切さを話します。合わせて管理栄養士からの食事指導で薬物治療だけでは得られない効果も出ています。

先ほども少しお話しましたが、ファーマシィでは「健康フェア」を行っています。健康測定機器での測定会と共に薬剤師によるお薬相談会や薬の飲み方講座など、地域の皆さんに楽しんでいただけるように工夫しています。
私たち管理栄養士も減塩レシピの実演や、お味噌汁の塩分濃度測定会など行いました。また、スタッフで協力してヨーヨーやスーパーボールすくいのなどのイベントも行いました。

佐藤
谷田

健康測定機器での測定会も好評でしたが、お子さんの薬剤師体験コーナーにも多く参加いただき、お菓子を分包したり、ジュースの水剤を作ったりしました。みんな笑顔で楽しんでもらい、薬局の仕事を知ってもらう良い機会になったと思います。

杉井

職種は違いますが、ファーマシィでは昔から同じスタッフとして協力する文化があります。 患者さんに薬局として何ができるか、地域に根ざした薬局になるためにどうしたら良いかなど、薬局スタッフ全員で考える文化があります。

司会

まさに薬局としてのチームワーク、総合力ですね。

対談風景

PREV先輩の話を聞こうTOPNEXT