スマートフォン表示に切り替える

ファーマシィ薬局

RECRUIT SITE
-

医療事務

医療事務

HOME > 医療事務
  • お仕事紹介
  • スタッフ紹介
  • 研修制度
  • 先輩の話を聞こう 薬局はチームワーク
  • 先輩の話を聞こう 出産・育児も安心
  • 募集要項
  • お仕事紹介
  • スタッフ紹介
  • 研修制度
  • 先輩の話を聞こう 薬局はチームワーク
  • 先輩の話を聞こう 出産・育児も安心
  • 募集要項

スタッフ紹介

メディカルパートナー

メディカルパートナー 佐藤 成美
仕事内容を教えてください。
受付での患者さんの応対、レセコン入力や薬剤師のサポートなどが基本的な業務です。その他にもレジ締め、在庫管理、レセプト請求など、幅広い業務を行っています。
ファーマシィを選んだ理由
インターンシップで病院の事務を体験したことから、医療に関係する仕事に携わりたいと感じるようになりました。 ファーマシィでは医療事務職もメディカルパートナーと呼ばれ、医療従事者として期待されていることに魅力を感じました。
心に残るエピソード
ご希望の商品が無かったにも関わらず「丁寧な対応をありがとう。ここへ来て良かった」と喜んでくださった患者さんがいました。
患者さんに気持ち良く帰っていただけるようベストを尽くすことの大切さを感じた瞬間でした。

就職活動中のみなさまへ(ファーマシィが気になっているあなたへ)

入社前は、医療事務は椅子に座ってPCを使う業務というイメージがありました。しかしファーマシィのメディカルパートナーの業務は想像以上に幅広く、やりがいがありました。
人の第一印象は瞬間的に判断されると言われますが、患者さんの薬局に対する印象も同じことだと思います。その印象を左右するのがメディカルパートナーです。また次もこの薬局に来たい、かかりつけ薬局にしたいと思われるような、心のこもった応対で、一緒に患者さんから選ばれる薬局をつくりましょう。

-

-

-

-

MP(メディカルパートナー)リーダー

MP(メディカルパートナー)リーダー 辻本 麻衣
仕事内容を教えてください。
主な仕事は担当エリアの薬局を視察し、より良い薬局づくりのためにスタッフを指導・育成することです。時には本社で、担当エリア以外のスタッフも含めた社内研修の講師を行うこともあります。
ファーマシィを選んだ理由
『人とたくさん接することができる』それが私の仕事選びの第一条件でした。その点で、ファーマシィは医療事務=事務仕事ではなく、患者さん応対にかかわる業務が多いことが魅力的でした。
また、ファーマシィの薬局では薬剤師だけでなく、医療事務も薬局の顔になれる、むしろ患者さんと最初に接する薬局スタッフとして、そうなることを期待されていると聞き、自分の力を最大限に発揮して活躍できる環境があると感じ、ファーマシィを志望しました。
心に残るエピソード
薬局スタッフの指導・育成を行うMPリーダーとして、時には薬局スタッフに対して厳しい指導を行うこともあり、自分自身、どういう指導方法がベストなのか悩むことも多々あります。そんな中、後輩から「宮内さんが目標です」と言われた時は、自分の仕事が認められたように感じてとても嬉しく、特に印象に残っています。

就職活動中のみなさまへ(ファーマシィが気になっているあなたへ)

「メディカルパートナーになるには資格が必要ですか?」とご質問をいただくことがありますが、資格は必須ではありません。専門知識は入社後、研修で学び成長していくことができます。専門知識だけでなく、患者さん応対についても学んでいきます。いろんなことを共に学んでいき、いろんな仕事にチャレンジしてみませんか?ファーマシィでは、あなたが学べば学ぶほど、仕事の幅が広がっていきます。
人と接するのが好きなあなた、ぜひ一緒にファーマシィで働きませんか?お待ちしております!!

-

-

-

-

薬局長

管理栄養士 佐藤 景子
仕事内容を教えてください。
薬局長として薬局運営を行いながら、同時にメディカルパートナーとして薬局窓口での患者さん応対も行っています。
薬局長として、メディカルパートナーとして、いずれの立場でも共通して心がけていることは、常に『自分が患者さんの立場だったら』を考えることです。何が患者さんのためになるのか、どうすれば喜んでいただけるのか。自問自答し、時にはスタッフと議論しながら、スタッフと一丸となって患者さんに選ばれる薬局づくりを目指しています。
また、患者さんや地域の方々の健康増進に役立つ知識を得たいとの思いから、健康バンドインストラクターやおむつフィッターとして、その知識を活かし、地域の方々に対して講演なども行っています
ファーマシィを選んだ理由
就職活動を始めた頃は、正直なところ「勉強は学生で終わり」と思っていました。しかしファーマシィは社内勉強会や外部講師を招いての勉強会などを積極的に行っており、就職してからも新しいことを学び続けることを良しとする風土があることを知り、好奇心旺盛な自分にはぴったりだと思い選びました。
心に残るエピソード
おむつフィッターの資格を取得した時に、得た知識を自分だけのものとするのではなく、社内のスタッフに共有するよう、社内勉強会の開催を勧められたことです。
今まで勉強会は受講する立場だった自分が講師の立場になり、どうすればより良く伝わるか、講演用のスライドの内容や構成を一から考えるところから行い、自分の知識や思いを人に伝えることの難しさと、伝えられた時の喜びを知りました。
今はその経験を活かし、社内だけでなく地域の方々に対しても積極的に講演をさせていただいています。

就職活動中のみなさまへ(ファーマシィが気になっているあなたへ)

私は『仕事は楽しく!』をモットーとしています。メディカルパートナーの私が「医療事務」の範疇にとどまらず、薬局長としての 薬局運営や社内外での講演を行っているように、ファーマシィでは自分がやりたいと思ったことに挑戦させてもらえる風土がありま す。自分の意見を言うことや、新たな取組みにチャレンジすることが尊重され、今、私はモットーのとおり、毎日楽しく笑顔で仕事 をしています。皆さんも笑顔で働いてみたくないですか? ファーマシィは頑張るあなたを笑顔にしてくれます!

-

-

-

-