スマートフォン表示に切り替える

ファーマシィ薬局

RECRUIT SITE
-

ファーマシィの挑戦

ファーマシィの挑戦

HOME > ファーマシィの挑戦 > 使命と責任

使命と責任

ファーマシィ独自の制度、『自主運営型薬局』を任されています。

ファーマシィ独自の制度、『自主運営型薬局』を任されています。

Question01

「自主運営型薬局」とは何ですか?
また、北條さんが携わることになった経緯を教えてください。

「自主運営型薬局」とは、薬局長がひとつの薬局の運営を全面的に任される形態の薬局です。
薬局経営者に近い役割を果たすことになりますが、あくまでもファーマシィの社員の立場での薬局運営ですから、独立やフランチャイズとは異なり、どうやって自己資金を用意するかといった心配をすることなく、薬局を地域に根ざした存在にすること、それによって地域の方々から選ばれる薬局となり、業績を向上させることに専念できます。
また、この制度の一番の特徴は、薬局の責任者である私の報酬が業績に連動して決定されることです。このように薬局運営の結果について大きな責任を負う代わりに、運営方針の決定などの権限は、他の薬局と比べ幅広く与えられています。
私はファーマシィに自主運営型薬局が誕生する前から薬局長をしていたのですが、その時の仕事ぶりが会社から認められ、自主運営型薬局の薬局長となることを薦められました。より良い薬局づくりができる、素晴らしい制度だと感じ、応諾しました。
北條さん

Question02

自主運営型の薬局をはじめて何か変化はありましたか?

これまでより、一歩踏み込んだ患者さん対応をするようになったと思います。きめ細かく患者さんとコミュニケーションをとるようになり、その結果として、少しずつ処方せんをお持ちでない方も、OTCや健康に関するご質問・ご相談のために来局してくださることが増えていきました。
また、地域にお住まいの皆さんを意識した行動をとるようになりました。かかりつけ薬局になるためには、まずは地域の皆さんに薬局の存在、役割を知っていただく必要があります。そのためにコミュニティセンター・子育て支援センター・保育所・介護施設などに積極的に出向き、お薬の飲み方などに関する講座や、施設内の感染予防講座などを実施しています。
これらの活動の成果か、薬局のことが口コミで広がり、訪問看護師さんやケアマネジャーさん、高齢者安心支援センターなどからの相談も増えてきています。そこから在宅医療に繋がり、さらに地域での輪が広がってきています。
まだまだ課題は沢山ありますが、少しずつ、自分の理想とする地域のかかりつけ薬局に近づけていると思います。

Question03

ファーマシィの社風はどのようなものですか?

ファーマシィは、薬局の現場からやりたいことを提案でき、良い提案は会社が取り入れてくれるところが、最大の強みであり良いところであると思います。
大きな薬局チェーンは、どこも画一的な薬局になることが多いと思いますが、ファーマシィは薬局ごとに地域に合わせた薬局作りをさせてもらえるのも、良いところだと思います。
北條さん

皆さんへのメッセージ

皆さんへのメッセージ

ファーマシィの挑戦TOPNEXT