スマートフォン表示に切り替える

ファーマシィ薬局

RECRUIT SITE
-

ファーマシィの挑戦

ファーマシィの挑戦

HOME > ファーマシィの挑戦 > 薬局における新たな取り組み

薬局における新たな取り組み

きめ細かな観察+処方提案で慢性腎臓病のQOL向上と医療費負担の軽減を実現

きめ細かな観察+処方提案で慢性腎臓病のQOL向上と医療費負担の軽減を実現

Question01

この度薬局で行った取り組みが業界でも注目されていますが、
その取り組み内容を教えてください。

ファーマシィ薬局アゼリアでは、腎機能が低下し起こる慢性腎臓病(CKD)が疑われる患者さんの副作用防止と服薬の負担軽減に向けた取り組みを行っています。
CKD患者さんの承諾をいただき、腎機能検査データ、年齢/体重など薬効に影響する因子データをヒアリングし、1人ひとりのクレアチニンクリアランス(CCr)を算出。適正な投与量となるように処方提案を行っています。
処方内容に疑義照会を行った数は全53件にのぼり、うち投薬減量20件、投薬中止8件、薬剤変更5件の実現に繋がりました。メリットはそれだけでなく、薬剤費の負担も患者さん1人1日当たり平均2,608円の減額となり、患者さんおよび公的保険の負担減にも貢献することができました。
また、これらのデータを集積して学会でも発表しています。その際、適正処方に是正することで、どの程度の医療費削減効果があったかを解析し、合わせて発表しました。
森本さん

Question02

チームでの取り組み、嬉しかったこと・大変だったことを教えてください。

自分たちのできることから始め、少しずつレベルアップしていけるように取り組んできましたので、特に大変だと思うことはなかったように思います。初めのころは検査値を聞き出すことが大変でしたが、そのうち患者さんから進んで検査値を出してくれるようになりました。また、薬局スタッフが一丸となって取り組むことで多くの患者さんに喜んでいただき、いろいろな相談をしてもらえるようになったことが嬉しかったですね。

Question03

その取り組みが実を結んだ時、どう感じましたか?

まだまだ実を結んだとは思っていません。しかしながら、当薬局の働きかけにより、主応需先が検査値開示をしていただけるようになり、より多くの患者さんに貢献できるようになりました。
今後も常に自分自身が変化しながら、いつも新しい目線で患者さんに向き合わなければならないと思っています。そのために日々自己研鑚にも励んでいます。
ファーマシィでは研修や勉強会の場も多く、フォローもあるので嬉しいです。

疑義紹介結果

CCr算出に基づいた、疑義照会結果のリスト。 緑色部分が処方の変更を行ったもので、半数以上を占める。

Question04

今後の目標を教えてください。

CKDのような慢性疾患において、かかりつけ薬剤師が患者さんの投薬の効果と健康状況をつぶさに観察し、積極的に処方提案を行っていくことは、ますます重要となってきます。
患者さんから信頼され、あの薬剤師に相談したいと思われるような「かかりつけ薬剤師」になりたいと思います。
森本さん

皆さんへのメッセージ

皆さんへのメッセージ

ファーマシィの挑戦TOPNEXT